本文へスキップ

 

事業団の取り組み

経営戦略会議   経営委員会   研修委員会   危機管理委員会

経営戦略会議

 社会福祉事業団の報告性を明確にし、新事業への転換、将来に向かっての「新しい経営」、自立的・効率的経営の確立を模索すると同時に、迅速な意思決定と経営責任を明確にするため、平成23年5月に設置しました。

経営委員会

 さいたま市社会福祉事業団に関する重要事項について協議、検討する組織として、経営戦略会議の下部組織として、平成27年6月に設置されました。旧自立化推進プロジェクト及び新規事業検討会の所掌事項を継承するとともに、経営戦略会議からの付託事項、経営計画の立案及び進行管理等を行う部門としています。

−経営基本計画ー【平成28年度〜令和7年度】
 さいたま市社会福祉事業団では、時代のニーズに応えるとともに、地域に根差した施設づくり、利用者本位のサービスの実現を図るため、これまで「改善3か年計画」「経営10か年計画」「自立化推進計画」を策定して施設経営を推進してきました。
 この度、この3つの計画等が終了時期となること、公募に基づく指定管理の取得や事業団立となる施設の経営、新規事業への着手とともに、社会福祉法人制度改革への対応も必要となることから、新たな経営理念、経営基本方針のもと、長期的な計画としての経営基本計画(10か年)を策定しました。

 さいたま市社会福祉事業団経営基本計画(PDF:1,189KB)

−後期経営実施計画ー【令和3年度〜令和7年度】
 経営基本計画に定めた11の重点項目を着実に達成するため、今後5年間で取組むべき重点目標を示す「後期経営実施計画」を策定しました。
 この「後期経営実施計画」では、法人及び各施設の取り組むべき具体的方向性や計画期間を明確にし、評価・検証・見直しのマネジメントサイクルによって計画的に取り組みます。
 また、この「後期経営実施計画」に基づいて、法人及び各施設では、具体的な取組内容や評価指標、計画期間を盛り込んだ「後期法人取組計画」及び「後期施設取組計画」を作成します。

 さいたま市社会福祉事業団後期経営実施計画(PDF:925KB)

研修委員会

 ー設置の目的ー
 経営理念を具現化し、利用者及び地域から信頼され求められる事業団であり続けるため、これからの事業団を担うにふさわしい人材を育成することを目的として設置しました。


危機管理委員会

 ー設置の目的ー
 当事業団に発生する様々な緊急事態等に迅速かつ的確に対応するため、危機管理体制の整備を目的として設置しました。

 さいたま市社会福祉事業団危機管理計画(PDF:268KB)

サイドペース

理事長あいさつ
高齢者関係施設
障害者関係施設
障害者関係施設
コミュニティ施設

パンフレット
自主製品紹介
施設たより
リンク集





PDFの閲覧にはアドビリーダーが必要です。ダウンロードはこちらからどうぞ。↑(無料)

社会福祉法人
さいたま市社会福祉事業団

事務局(総務課・財務課・事業課)
〒330-0801
埼玉県さいたま市大宮区土手町
1-213-1
TEL 048-669-0033

 

事務局分室(児童課)
〒331-0814
埼玉県さいたま市北区東大成町
1-41-2
TEL 048-788-2601